読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

描かずにはいられない日記

日常のふと思うことや引き寄せの法則についてなどを絵と文章で綴っています。

『言ってないくせに守ってもらいたいという矛盾』の話

f:id:hinataaoi:the rules

 

なんとなく自分の中で決まっている「ルール」というのがある。

洗濯の時のルールとか、料理する時のルールとか・・・


と言っても、そのルールを誰に言うわけでもないので、

ホントに自分の中だけのこと。

 

一人で暮らしているなら、それでも問題はないだろうけど、

そうじゃないので、

家族の誰かがそのルールに反したやり方をしている時に、

気になって仕方がない。


ルールは勝手に自分で決めているモノなので、

ルール通りにやってくれる方が珍しいにもかかわらず、

どうしても気になってしまう。


じゃあ、そのルールを言っておけばいいだろってもんなのだけど、

それはそれで、言って守ってもらうほどでもないかなと思ったり・・・

なんにせよ、わがままでやっかいだと自分でも思う。

 

で、結局どうするかというと、全部自分でやる方を選ぶ。

 

これは家の中に関わらず、

仕事とかそういうことも含めて、どんなことでもそうで、

あまり人に任せられない面倒くさいタイプ。

 

何かの本で読んだけど、

仕事の出来る人って、どんどん周りに仕事を上手く振れる人らしい。

わかってはいるけど、つい一人で抱えて苦しむことになる。

 

逆の立場で考えると、上司にある程度仕事を任された方が、

信頼されてる気がして嬉しかったのに、自分はそれができなかった。

ほんまに仕事の出来んやつやわ(泣)・・・(←自分で自分に)

 


・・・そう言えば、ウチの父のわけのわからないルールが一つ。

 

『カレーを温め直す時、思いっきり強火にして、絶対混ぜない』

というルール。

 

「焦げるから混ぜてよ」と言っても、「混ぜたらあかんねん!」と言う。

そして焦げる。鍋にベッタリ焦げ付く。せっかくのカレーが焦げ臭い味になる。

なので、父が温めなおそうと動き出す前に、

極力、母か私でサッと火を入れるようにしている。

いつどこでそんなルールになったのかは不明。

なんでやね~ん!(笑)

 

・・・ほんまそれ!f:id:hinataaoi:kao

 

 

人気ブログランキングへ    

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

 

 

hinataaoi.hatenadiary.jp

 

hinataaoi.hatenadiary.jp

 

hinataaoi.hatenadiary.jp

 

 

50000