読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

描かずにはいられない日記

日常のふと思うことや引き寄せの法則についてなどを絵と文章で綴っています。

『「さん」をつけないことに「えっ?」』となった話

f:id:hinataaoi:kansai dialect

 

この前テレビで、農家からの中継をしていて、

その農家の方が「このお芋さんおいしいですよ」と言っていた。

 

それを受けてスタジオで、

「芋に ”さん” をつけるなんて、

よっぽど愛情を持って育ててらっしゃるんですね」

というコメントをしてる人がいた。


私は「え?」となった。

というのも、私の中で「お芋さん」という表現は当たり前だったから。

 

たしかにその農家の方は、愛情を持って育ててらっしゃるとは思うけど、

それと芋に「さん」をつけるのは別で、

愛情があろうがなかろうが、日常的にそう呼んでるんじゃないかと思う。

というか、私はそう思っていた。


それがもしかしたら、

芋に「さん」をつけるのは当たり前じゃないのかもしれない。

関西限定だったのか?


とりあえず、母(九州出身)に聞くと、

 

「え~! 芋に ”さん” なんかつけへんで」


もう九州にいた期間より、

関西にいる期間の方が圧倒的に長いはずなのに、そんなことを言うなんて。

しかも思いっきりの関西弁で。

 

私:「じゃぁアメは?」(←一応ついでに聞いてみた。)

 

母:「アメに "ちゃん" なんかつけへんわ」

 

なんと!!!!!

少なくとも私より長く関西に住んでいるはずなのに、

アメに "ちゃん" をつけないとは!


まぁアメちゃんが関西限定なのは有名だから知ってたけど、

「お芋さん」は衝撃。

 

私もいつも「お芋さん」と言うわけじゃないけど、

普通に全国的に使われていると思ってた。

 

ほかの「お~~さん」を考えてみた。

「おかゆさん」「おまめさん」「おあげさん」「おいなりさん」

思いついたのはこれくらい。

これも全部関西限定?

 

まさか・・・

 

ほんまそれ?・・・・・f:id:hinataaoi:kao

 

 

人気ブログランキングへ    

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

 

関西弁と言えば、

過去にこんな記事 ↓ も書いたのですが、

hinataaoi.hatenadiary.jp

らくだ (id:rakudaman)さんが、

この「ほんまそれ」と「知らんけど」について、

色々考えて下さった上に、

新たな関西弁「ごめんやで」を提案して下さいました。

こちら ↓

とても共感した関西弁にまつわるブログ記事 - ラクダの考えごと

確かに私もそんな感じで使ってるな~と思いました。(笑)

 

 

hinataaoi.hatenadiary.jp

 

hinataaoi.hatenadiary.jp

 

hinataaoi.hatenadiary.jp

 

 

50000