読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

描かずにはいられない日記

日常のふと思うことや引き寄せの法則についてなどを絵と文章で綴っています。

『足元を見られていた』ときの話

f:id:hinataaoi:morning assembly

 

アパレルショップで店長をやっていた頃、

毎朝、朝礼があった。

 

朝礼って受ける立場の時は、

わりとボーっと聞いていたりして、(←私の場合)

何でもないものだったけど、する立場になると、結構むずかしい。

 

数字的な報告とか目標とかそういうのを言うだけならいいけど、

毎日じゃなくとも、何日かに1回は、(←本当は毎日がいいと思うけど)

「今日も頑張ろう」と思えるような小話を1つしようと思っていたので、

そこにいつも手を焼いた。

 

そういう朝礼向けの本を読んでみたりもした。

 

ただ、本の話を利用しようとしても、上手く自分のものに出来ないと、

「いいこと言ってる風」になるだけで、全然伝わらない。

というか自分が「いいこと言ってる風」に浸ってるから、

それがそのまま伝わるということになる。(汗)


で、そんなある日、珍しく朝礼が上手く決まって、

「今日は上手くいったな~」と思いつつ、

閉めの挨拶をして、頭を下げたら・・・

 

「ガ~ンxxx!!何じゃこりゃ~!!」

 

なんと左右違う靴下を履いていた。

 

とは言え、館内の電気はまだ全部点いていないし、

薄暗いからみんな気づいていないだろうと気を取り直して、

でも、黙ってられず、みんなに靴下のことを聞いてみたら、

 

「朝礼中ずっと気になってました。」

「そういう靴下かな~と思ってました。」(←優しいフォロー)

 

再び「ガ~ンxxx!!」

 

せっかく今日は上手くいったと思ったのに、

結局みんなは靴下に集中してた。(笑)


ずっと足元を見られてた。(←別に弱みにつけこまれたわけではない。)

まだまだ爪が甘かった。


ああいう場でみんなを惹きつけて話をできる人は

すごいな~と思う。

(違う意味では惹きつけたけど・・・)

 

ほんまそれ!・・・・・f:id:hinataaoi:kao

 

 

人気ブログランキングへ    

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

 

 

hinataaoi.hatenadiary.jp

 

hinataaoi.hatenadiary.jp

 

hinataaoi.hatenadiary.jp

 

 

 ↓好評発売中↓

 

 

50000