読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

描かずにはいられない日記

日常のふと思うことや引き寄せの法則についてなどを絵と文章で綴っています。

おひとりさまチャレンジの話・・・その2

f:id:hinataaoi:20160830014108p:plain

 

前回のつづき・・・

 

予約で躓いたので、ずいぶんテンションが落ちたものの、

「取材しに行く」

という設定(妄想)を自分に言い聞かせて奮い立たせた。

 

わりと近所の店なので、自転車で行く。

 

顔は日焼け止めを塗っただけのすっぴんにサングラス、

袖長めのUVカットパーカーを着て、

首にはタオルを巻いてパーカーにINするという

わりと恥ずかしスタイルでGO!(暑かったからしゃあない)


自転車って乗ってる時はいいんやけども、下りた瞬間汗が噴き出す。

それも引くくらい。

 

今回ももちろんそうで、

お店について、店内に入ったと同時に汗がドバーッ!

店内に入る前に、タオルとサングラスははずした。

(そりゃそうや、お店の人ひくわ)


とは言え、ひくくらいの汗をかきながらお店の人に案内された。

 

「カウンターは男性も多いので、テーブル席にされますか? そうしますね。」

 

たぶん私の引くくらいの汗を見て、そう判断したと思う。

もしくはトータル的な恥ずかしスタイルのせい?(どっちもやろ)

(タオルとサングラスははずしてたのにな・・・なんでやろ?)


まぁその店員さんの素晴らしい心遣いのお陰で、

すごくゆったりと落ち着くことができて、

ひくくらいの汗もひいた。(←ひくぐらいの汗がひくという洒落)

 

この時点で、行く前のめんどくさい気持ちはすっかりどこかへ行って、

ちょっと楽しくなってきてた。


回転寿司はいつも行く店が決まっていて、

いつもは、今なぜか「カレー」押しのあの店に行く。

なので、かっ〇寿司は初めてか、2回目か・・・それくらい。

 

平日の昼間だったからか、

フロアにいる店員さんはみんな女性だった。

おひとりさまチャレンジだったけど、何の抵抗も感じなかった。

むしろ快適だった。

さらに注文は全てタッチパネルなので、

そっちも何の抵抗もなかった。

 

回転寿司最高!

おひとりさまチャレンジ無事クリア!わ~い♪

 

お食事券も無事使えたし、お寿司も美味しかったし、

満足満足。

 

おひとりさまチャレンジは無事終了したものの

この後家に帰って、予想外の事態が待ち受けていた。

 

微妙に続くxxx(笑)

 

 

↓こっちは「わんこの話」

犬情報サイト『POCHIPOST NEWS』にて

4コマまんが連載中です。↓ ↓

f:id:hinataaoi:20160229162407p:plain

ぜひよろしくお願いします。

 

 

hinataaoi.hatenadiary.jp

 

hinataaoi.hatenadiary.jp

 

hinataaoi.hatenadiary.jp

 

 

 ↓好評発売中↓

 

 

50000