描かずにはいられない日記

日常のふと思うことや、わんこ達(キャバリア、トイプードル)のことを綴っています。

『忘れられない思い出の味』の話

f:id:hinataaoi:20170409175412p:plain

 

高校の修学旅行で長崎県の壱岐に行った。

この時⇒『修学旅行の「えっ?」』の話 

 

「長崎に行くんならハウステンボスがいい!」と、

私を含めて、みんな言ってたけど、先生方はみんな壱岐を絶賛していた。

 

私達生徒は初めて行くけど、

先生方にしたら、何度目かの修学旅行で、

過去にはハウステンボスに行ったこともあるそう。

もちろん壱岐に行ったこともあるはず。

両方何度か行ったことがある上で、

それでも、また行きたいと思える魅力が壱岐にはあるらしかった。

 

壱岐は島なので、船で渡る。

子どもの頃は、乗り物酔いをしやすいタイプだったけど、

ある程度の年齢を超えてから、あまり酔わなくなったので、

たぶん大丈夫だろうと自分を過信して、

友達と一緒に船の中をハシャギながらウロウロしていた。

 

中にいる時は良かったけど、調子に乗って、デッキに出たのがまずかった。

デッキで波を見ていたら、酔った。(そりゃそう)

急にテンションが下がって、トイレにこもり、

少しましになった後は、

船酔いしやすいという友人にならって、じっと寝てた。


到着してから、色々なレクリエーションがあったけど、

あんまり覚えていない。

 

それよりも何よりも、先生が絶賛していた理由がわかった。

それは食事!

夕飯で、かなり豪華な舟盛りが出た。

どれも新鮮でものすごく美味しい。

お肉より魚派の私にとっては、鼻息が荒くなるメニュー。

でもそんな中、唯一「ウニ」が苦手で食べられなかった。

同じくウニが苦手な生徒が結構いて、席によっては大量に残ってた。

板に乗ったウニが何枚もあった。(←贅沢すぎる)


そこへ先生が登場・・・

 

先:「お前らウニ食べられへんのか?」

私:「匂いが苦手で食べられないんです」

先:「アホやな~、それは本当のウニの味を知らんからや」

私:「え~、でも今まで何度かチャレンジしたことありますけど、どれも同じ味でしたよ」

先:「ちゃうねん、ちゃうねん。とにかくコレいっぺん食べてみ!美味しいから」

私:「え~~~・・・・・(パクッ)ほんまや~~~!


私の知ってるウニの味とは全然違って、

匂いが全くなく、ただただ甘くて濃厚だった。

残ってたウニをウハウハしながらパクパク食べた。

 

それ以来、ウニを克服したと思って、何度か食べてみたけど、無理だった。

でも、あの壱岐のウニの味が忘れられなくて、

その後、北海道に行ったときに、

市場や、少し高めのお寿司屋さんを巡ってはウニを食べた。

食べられなくはないものの、あの味とは全然違った。

 

殻付きの新鮮なウニを取り寄せたこともある。

美味しかったけど、やっぱり壱岐のウニにはかなわなかった。

 

それならまた壱岐に行けばいいんだろうけど、

機会がなかなかなくて、行けていない。

また食べたい・・・

ほんまそれ!・・・・・f:id:hinataaoi:kao

 

 

ブログランキングに登録しています。

ポチッと押して頂けるとかなり喜びます。

人気ブログランキングへ    

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

壱岐のウニは小ぶりだったんですけど、

味は甘くて濃厚で、すごく美味しかったです。

この時初めてウニを美味しいと思いました。

今でも忘れられません。

その後、あの味を求めて色々彷徨いましたけど、

やっぱり壱岐に行かないと、あの味は食べられないようです。

 

お題「思い出の味」

 

 

hinataaoi.hatenadiary.jp

 

hinataaoi.hatenadiary.jp

 

hinataaoi.hatenadiary.jp

 

 

50000 

 

 

 スポンサーリンク