描かずにはいられない日記

日常のふと思うことや、わんこ達(キャバリア、トイプードル)のことを綴っています。

『電車の中で携帯を触っていた時に言われた言葉に「えっ?」』となった話

f:id:hinataaoi:20170404132857p:plain

 

まだ二つ折りのガラケーを持っていた頃、

電車の中でメールをチェックしたりしていたら、

じっとこっちを見るおばあさんがいた。

 

そこは優先座席の側というわけではなかったものの、

電車の中で携帯を触っていること自体が気に障るのかもしれない、

と思って、携帯をそっと閉じた。

そしたら、そのおばあさんが話しかけてきた。


「あんた、スパイやろ」


私は「えっ?」となって、聞き間違いかもしれないし、

聞こえなかったことにした。

 

そしたらまた、

「あんた、スパイやろ。わかってんねん。私は狙われてるんや。

あんた今、それで何か私の情報を送ったんやろ!」

 

その時はさすがに「えっ?」どころではなく、

「えぇ~~~っ!!!」となって、

「違います」とか細い声で返答した。


でもその後も、そのおばあさんはずっと、

自分は狙われているという話を、

鋭い目で私を睨みながらブツブツと言い続ける。

私はただただ無になり、窓の外を眺め、ひたすら駅に到着するのを待った。

短い距離だったのに、ものすごく長く感じた。

目的の駅に到着した後、あわてて降りて、そのおばあさんのそばを離れた。

 

ただ、いつも同じ電車の同じ車両に乗っていたので、

その後も時々、そのおばあさんを見かけた。

でもそのときは、目を合わせないように無になって過ごした。


いつ見かけても一人で乗っていて、

怖い目つきでキョロキョロと周りを見ていた。

スパイがいないかチェックしていたんだと思う。

そして時々、誰かにブツブツ話しかけたりしていた。

今思うと、認知症か、もしくは他の病気だったのかもしれない。

でも、どう対応したらいいのかわからなかった。 

 

ただ、あのおばあさんの世界の中では、

「自分は狙われている」と思って、

周りがみんな敵に見えていたのかもしれないと思うと、複雑な気分になる。

だとしたら、味方とまではいかなくても、

せめて敵ではないと伝えることくらいは、出来たんじゃないか?

と、今さらながら思う。

そうすれば、一人は敵が減るわけだし、

ほんの少しくらいは、おばあさんの気持ちも楽になったかもしれない。

 

 

 

ブログランキングに登録しています。

ポチッと押して頂けるとかなり喜びます。

人気ブログランキングへ    

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

もっと違った対応をするべきだったのかもしれないですが、

あの時は「怖いおばあさん」という風にしか思えなくて、

ずっと目が合わないようにしてました。

そしてその後、いつの間にか見かけなくなってしまいました。

 

 

hinataaoi.hatenadiary.jp

 

hinataaoi.hatenadiary.jp

 

hinataaoi.hatenadiary.jp

 

 

50000