読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

描かずにはいられない日記

日常のふと思うことや引き寄せの法則についてなどを絵と文章で綴っています。

『間違えて笑われることなんて一大事だったとき』の話

日常

f:id:hinataaoi:weak point

 

高校の頃、何の科目の授業かは忘れたけど、

「一つテーマを決めてそれについて発表をする」というのがあった。

 

テーマは何でもいいというわけではなく、

「社会」的な内容でないといけなかったと思う。

必ず1人1回は当たるので、発表が回ってくることは確実で、

その順番が回ってくるのが、嫌で嫌で仕方がなかった。

 

一回の授業で発表する人は、たしか1人か2人だったので、

回ってくるまでには時間がかかったけど、

それはそれで、そのことを考えないといけない時間が長くなって、

余計に嫌な気分になってたように思う。

 

もともと人前での発表とかは、出来ればしたくないタイプだった。


だから、「特に興味もない分野で発表しなくてはいけない」なんて、

ストレス以外の何物でもなく、

しかもその頃はPCも持っていなかったので、

今みたいに調べることが容易ではなくて、ホントに全てが苦痛だった。

 

何について調べたのかとか、すっかり忘れたけど、

(嫌なことはサッサと忘れるタイプ ↑ )

思っていた以上にあっさり終わって、

終わった時の「ものすごくスッキリした気持ち」だけは覚えている。

 

その経験が、その後何かに役立ったかどうかはわからない。

もしかしたら、こういうシーン ↓ で役立ってたのかもしれないけど・・・

hinataaoi.hatenadiary.jp

 

人前で発表したりするのが得意な人と、そうでない人がいると思う。

 

私の場合は、小学生の時からすでに、

積極的に手を上げて発表するというのが苦手だった。

「間違えたらどうしよう?」という思いから、全然手を上げられなかった。

今なら、「間違えてても別にいいやん」と思うけど、

あの頃はそうは思えなくて、間違えて笑われることなんて一大事。

 

あと、テストの時とか、間違えた答えの中から、

面白解答例として、発表する先生がいた。

先生としては何気ない気持ちで、面白さの共有だったとは思うものの、

発表された方は、心の傷になったりする。

どんな間違いをしたかは覚えてないし、他の子の間違いとかも覚えてないけど、

発表されて、ものすごく恥ずかしかったことだけは覚えている。

感受性が豊かなときなので、デリケートだったんだろう。

 

今の時代だと、そういうのもSNSとかで拡散されたりするんかな?

そう考えると、ちょっと怖い気がする。

大変そう・・・(汗)

色々進歩してない時代で逆によかった、とつくづく思う。

ほんまそれ!・・・・・f:id:hinataaoi:kao

 

 

人気ブログランキングへ    

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

 

hinataaoi.hatenadiary.jp

 

hinataaoi.hatenadiary.jp

 

hinataaoi.hatenadiary.jp

  

 

50000