読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

描かずにはいられない日記

日常のふと思うことや引き寄せの法則についてなどを絵と文章で綴っています。

『なめてたわけじゃないけど、無知だったゆえに結果的に「あかん!」となったとき』の話

f:id:hinataaoi:In Hakodate 1

 

女性友達と2人で函館に行ったときの話。

 

雪の降る地域には、スキー目的で行ったことがあったけど、

観光目的で行ったのはこの時が初めてだった。


何が違うかというと、服装とか靴とか。

服装はまぁまぁの防寒対策をしたけど、靴が甘かった。

というのも、寒いからブーツで行ったはいいけど、

靴の裏のことを考えてなかった。

つまり、滑り止めのないツルッとしたソールだった。


向こうについてすぐ、歩き慣れるまでは滑りまくって、まぁコケた。

いい大人がコケまくる。

でも雪がいっぱい積もってるところで練習したので、(←歩く練習)

コケてもたいして痛くなかった。

 

そして練習の甲斐あって、そのツルツルソールでも、

まぁなんとか歩けるようになったので、

友達と食べたかったものを色々食べ歩く。

 

で、一旦ホテルで休憩して、夜になって、

さらにまた美味しいものを求めて外に出ることにした。


土地勘がないので、

ここはタクシーの運転手さんに、

ご飯が美味しいお店を教えてもらおうということになる。

 

早速タクシーに乗って尋ねた。

 

※相手は函館の方だったと思うのですが、

私の脳内で勝手に関西弁に変換されて記憶してしまっているため、

この後の会話は関西弁でのやりとりとなります。


私達:「この辺でご飯が美味しいところ、どこかありませんか?」

 

運転手:「おねぇちゃん達どこから来たん?」

 

私達:「大阪です。」

 

運転手:「大阪か。函館の夜景は有名やけど、もう見たんか?」

 

私達:「あ、見てないです。」

 

運転手:「えーっ!!せっかく函館に来たのに夜景見てないんか!

夜景は見とかなあかんで!おっちゃんが今から連れてったるわ!

お金はココからご飯の店までの距離分だけでいいから。

どうせお姉ちゃんたちお金そんなに持ってないやろ。」

 

私達:「(苦笑)え?いいんですか?じゃぁお願いします。」

 


一応またコケてもいいように、

ラフな(こきたない)服装をしていたせいか、お金がないと思われたっぽい。

まぁラッキーということで、お言葉に甘えることにした。

 

運転手:「ついたで~。ここ夜景がきれいで有名なところやから、降りて見といで。」

 

私達:「は~い。ありがとう。」

 


・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

f:id:hinataaoi:In Hakodate 2


夜になって気温が下がったのと、あまり人の気配がないところだったので、

道路がツルッツルで、私のツルツルソールとの相性が最高だった。(←最高?)

 一歩でも動いたら立ち上がれないくらいにコケる自信アリ。

 

じっと立ってるのも難しいくらいで、

 

「あかん。ムリ。一歩も歩かれへん!」

 

友達はたまたま(たぶん)、

滑り止めがしっかりしたブーツを履いていたので、結構普通に歩けた。


せっかくだったけど、私はろくに夜景を見ることなく、

ツルツルへっぴり腰で車に戻った。


そんな函館の夜景の思い出。

 

これ以降、雪とかは関係なくても、

滑り止めの無いブーツには、滑り止めを付けてもらってるし、

雪の降る地域に行くときは、

服装よりもまず靴をちゃんと選ぶようにしている。

 

足元は大事!

ほんまそれ!・・・・・f:id:hinataaoi:kao

 

 

人気ブログランキングへ    

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

 

 

hinataaoi.hatenadiary.jp

 

hinataaoi.hatenadiary.jp

 

hinataaoi.hatenadiary.jp

 

50000