描かずにはいられない日記

日常のふと思うことや、わんこ達(キャバリア、トイプードル)のことを綴っています。

『のろま』と言われた時の話

 f:id:hinataaoi:20160709003229p:plain

 

「おいっのろまっ!早くしろっ!」

 

とあるテーマパークのチケット窓口で働いていたことがある。

 

そこではまず個人販売の仕事を覚えて、ある程度こなせるようになった後

団体チケット販売を覚えるというシステムだった。

 

で、私も個人販売はすっかり楽勝になって

ついに団体チケット販売の研修を受けることになった時の話。

 

いくら個人販売が楽勝でも

個人と団体では、同じチケットなのに作業内容が全然違うので

研修初日はかなり緊張してた。(汗)

 

とは言え、ポーカーフェイスは得意だったので

お客さんには緊張はバレてなかった(はず)。

 

そんな中、アジア系の国の団体の添乗員さんが私の窓口へやってきた。

 

ポーカーフェイスは上手くいってたはずだったけど

私の後ろにベテランがピッタリついているのを見て

すぐに私が新人だと察したその添乗員さんは

 

「おいっのろまっ!早くしろっ!」

 

と言ってきた。

 

チケットの発券枚数が多いので、どうしても時間がかかってしまう。

そこへの思いがけない野次にびっくりして

さすがに私も動揺して、ポーカーフェイスが崩れた。

 

野次を言われたこともびっくりやけど

何よりその人の日本語が片言だったこと。

 

片言しか日本語を話せないのに

「なんでのろまっていう言葉を知ってるんやろ?」って・・・

「そんなん誰に教えてもらったん?」って感じ。

 

その野次が一番スラスラ言える日本語っていうところがホントに理解不能。

外国語を覚える時に野次から覚えるってなかなかないなと思う。

 

まぁ初日の、しかも最初にいきなりこんなパンチをくらったので

おかげでその後は免疫がついて、すっかり対応に慣れた。

 

野次がきそうになってもサッとイヤホンを切って

笑顔でかわすという技を覚えたり・・・

 

面白い経験をさせてもらった。

 

あ、アジア系の国の添乗員さんが

みんなそんな人ばかりというわけではありません。

ほんの一握りです。誤解ありませんように。

 

いやぁそれにしても、

のろまなんて言葉を言われたのはこの時が最初で最後やった。

レアな体験したわ。

 

ほんまそれ!

 

↓こっちは「わんこの話」

犬情報サイト『POCHIPOST NEWS』にて

4コマまんが連載中です。↓ ↓

f:id:hinataaoi:20160229162407p:plain

ぜひよろしくお願いします。

 

 

人気ブログランキングへ    

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

 

 

hinataaoi.hatenadiary.jp

 

hinataaoi.hatenadiary.jp

 

hinataaoi.hatenadiary.jp

 

 

 ↓好評発売中↓

 

 

50000

 

 

 

 

 スポンサーリンク