読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

描かずにはいられない日記

日常のふと思うことや引き寄せの法則についてなどを絵と文章で綴っています。

『宿題があるからこそ、楽しさが倍増するのではなかろうか?』の話

日常

f:id:hinataaoi:Writing

 

この前、思いがけず、小学生のころの作文が出てきた。

 

ふと読んでみると、

それは作文というよりも、ただの日記、いや、日誌?だった。

 

「今日は誕生日だったので、〇〇ちゃんと〇〇と一緒に△△に行った。・・・」

 

起こった出来事を、ただ羅列しているだけ・・・

そして〇〇の名前部分には、

その頃の友人のニックネームがそのまま入っていた。

 

さらに、

「せっかく誕生日の日にも、宿題のことばかり頭の中にあって、嫌だった。」

と書いてあった。

先生に提出するのをわかってながら、皮肉を書いている。

 

案の定、先生の添削でこの一文に赤線がひかれていて、

「本当にそうでしょうか?宿題があるからこそ、他のことをしたら楽しさが倍増するのではなかろうか?」

と書かれていた。

 

先生も、怒っているという感じではないようだけど、

皮肉で返してきてることは確か。

我ながら、先生に宿題のことを訴えるにしろ、

さすがにもうちょっと違った、可愛らしい表現が出来なかったのか?と思う。

そうすれば先生もこんな皮肉を返してこなかっただろうに・・・

 

と言っても、先生が言うように、

 「宿題があるからこそ、楽しさが倍増する」とは思えなかった・・・

他の宿題は別としても、作文の宿題なんて、

「面倒くさい」の代表みたいなものだったし。(笑)

 

ただ、私の記憶の中ではずっと、「いつも作文を書かされていた」

だったんだけど、この部分を訂正しなくてはいけないと思う。

「いつも日記を書かされていた」に・・・

 

まぁ、日記でも作文としては間違ってはないのかもしれないけど、

記憶の中では、もうちょっとましな文章を書いてたはずだったので、

記憶は美化されるものだということを痛感。(汗)

 

そして、今はこうして絵日記のようなものを書いている。

成長しているのかどうかは謎・・・・・(苦笑)

 

 

 

ブログランキングに登録しています。

ポチッと押して頂けるとかなり喜びます。

おねがいします。嬉しいですっ。

人気ブログランキングへ    

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

昨日のコメントでは、

手作りチョコへの考え方が、

私と同じ人が多数いらっしゃったので、またニヤニヤしてしまいました。

やっぱりそうですよね?買った方が美味しいですよね・・・

手作りを全て否定するわけではなくて、(→むしろ手作りは好きな方です。)

チョコに関しては買った方が美味しいと思っています。

 

 

ちなみに今日の作文の添削はこの先生 ↓ ではありません。

hinataaoi.hatenadiary.jp

 

hinataaoi.hatenadiary.jp

 

hinataaoi.hatenadiary.jp

 

 

50000 

 

 

『手作りチョコって・・・』の話

日常

f:id:hinataaoi:Valentine's Day

 

今日はバレンタインデーなので、

何かバレンタインの可愛い思い出はないものかと、

記憶をたどってみたものの、そんなのなかった。

 

小学生のころ、仲良しの女子数人で、週1回集まる日を決めていて、

その日は、学校が終わると、その中の一人の子の家に集まって、

ああでもないこうでもないと話に花を咲かせていた。

その話の中で、一番ワーワー言うのは、たいてい好きな子の話。

女子はそういう話が好き。でも私は苦手だった。

 

「絶対言わへんから教えて」と言われるものの、

この言葉 ↑ はこの前のコレ ↓ に含まれると思ってた。

hinataaoi.hatenadiary.jp

 

たとえ仲が良くても、そういうのを聞くと誰かに言いたくなる。

そして・・・

「誰にも言わんといてや」という枕詞とともに話す。

仕方ない、そういうもんやから・・・

 


・・・そんな感じの冷めた思いが多少あって、

結局その話の輪には入れなかった。

その話で盛り上がってばかりの日々が続いた時は、

その会に行くのが億劫になったほど。

 

まぁ、そんな中、バレンタインが近づいて、

その会のみんなでチョコを作ろうということになった。

私は特定の誰にあげるというのではなく、

クラスの仲がいい男子たちに配るのを作ることにした。

 

チョコなんて作ったことがなかったので、

ワクワクしてその日を迎えたけども、作り始めて、びっくり。

「手作りチョコって、ただチョコを溶かして形を変えるだけやん・・・」

と、また冷めた感想を抱いてしまう。


作業としては楽しかったけど、味が美味しいかどうかは微妙。

トリュフチョコとかもチャレンジしたけど、これも美味しいとは思えなかった。

なんか逆に、元のチョコより味が落ちてる気がした。

その翌年もまた、その会で作ったけど、

やっぱり美味しいとは思えなかったので、それ以来一度も作っていない。

 

こうして今思い返してみても、全くもって可愛くない思い出。(笑)

 

あの頃は、自分では、そんなに冷めてるようには思ってなかったけど、 

感情を表に出すのが苦手だったのもあってか、

なんか恥ずかしくて、そういうのでキャピキャピ盛り上がれなかった。

冷めてたんじゃなくて、逆に私が子どもだったのか?

あ、そうかも・・・・・

ほんまそれやわ・・・ふぅ~~~

 

 

ブログランキングに登録しています。

ポチッと押して頂けるとかなり喜びます。

お、おねがいします。

人気ブログランキングへ    

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

今では、バレンタインは美味しそうなチョコがたくさん並ぶので、

自分用のチョコを買い求める行事になっています。(笑)

アレって、お返しとかを考えると、

貰う側の方が、逆に大変なんじゃないかと思ってしまいます。

どうでしょうか?

 

hinataaoi.hatenadiary.jp

 

hinataaoi.hatenadiary.jp

 

hinataaoi.hatenadiary.jp

 

 

50000